目次

目  次

▶ノウフク入門レシピ(工事中)
 農福連携技術支援者向け:

1、援農型:福祉ガ農業スル
2、自前型:農業ガ福祉スル
3、除草作業のツール・ルール
4、農福連携のルーツ
5、農作業指示のロール
6、圃場選びのルール
7、はじめての挨拶
8、疲れない上半身の使い方
9、耕作放棄地の活用
10、ひなりモデル
11、【会員限定】疲れない立ち方
12、ふかふかの土づくり
13、事務所選びのルール
14、農作業と利き目
15、作付計画と天気
16、援農型農福連携のツール
17、【会員限定】農業版ジョブコーチの育成
18、農地法とトレーラーハウス
19、農業時間と福祉時間
20、農業向きの障害特性
21、ブランディング
22、休憩所の確保
23、【会員限定】伸筋と屈筋

情 報 編 集

農福連携に限らず、情報を人にどう伝えるか
といった課題は肝要です。一般社団法人ノー
マポートでは、デカルトの『方法序説』の根
幹でもある

ワケルことはワカルこと

の視点で情報を扱っていきます。わかりやす
いように分けていきましょう
ということです。

英語の5文型は不足もありますが、英語とい
う膨大な言語をたった5つに分けたから、わ
かりやすいものだと学校教育に採用されまし
た。言語学者によっては、百以上の文型に分
けた方もおいでですが、一般的にはやはり5
つくらいの分け方で充分なのです。

閑話休題。弊社は農福連携に関するすべての
情報を以下の3つに分類しております。

・ロール(役割)
・ツール(道具)
・ルール(約束)

これにより人にわかりやすく、簡単に情報を
伝えることができます。例えば、企業参入型
の農福連携そのものの情報は、

【農福連携】
ロール:人手不足等の農業的課題解決
ツール:障害者雇用・施設外就労
ルール:法定雇用率・SDGs・ESG

といった表現ができるかもしれませんし、農
家ごとの除草作業もまた、

【除草作業】
ロール:除草担当2名・運搬担当1名
ツール:防刃手袋・鎌・コンテナ・台車
ルール:午前中までに圃場Aの作業を終了

といった情報のパッケージ化も可能になっ
てまいります。

重要なのは、上のような定義があっている
間違っているではなく、環境や条件によっ
て、臨機応変に情報編集ができるといった
点にあります。

ロールが変われば、ツールが変わり、
ツールが変われば、ルールが変わり、
ルールが変われば、ロールが変わります。

最初はイメージできないかもしれませんが、
ぜひこの編集方法に慣れていただければと
おもいます。私がコンサルティングで入っ
ている企業も社員同士がこの方法で日々の
農福の情報を効果的に伝えあっています。

このような編集はリバースエンジニアリン
グ(相互編集)
と呼ばれますので、必ずお
さえておいてください。

農 作 業 編 集

農福連携技術支援者研修では、農作業分析
をする技術として、以下の3つに分けてい
ます。

作業細分化

難易度評価

作業割当て

農作業をわかりやすく分け、それぞれの難
しさを決めて、障害特性にあった仕事をふ
るといった分析モデルになります。

モデルという以上、マネが可能です。受講生
が同じモデルを学んでいくことで、どの支援
者が農作業を分析しても、だいたい同じ結論
にたどりつく
、あるいはどの点を改善すべき
か、議論しやすい場が構築されていきます。

一般社団法人ノーマポートでも、この農作業
分析モデルを発案者の豊田正博先生にご教示
していただきながら、普及しています。

誰のために農作業をわけ、
誰にとってやりやすい仕事なのか。

このような軸からぶれることのない農作業分
析をするとともに、ロール・ツール・ルール
を動かしていく
ことで、農作業する方にとっ
ての難易度を下げる機会も提供していきたい
と考えています。

#ロール
#ツール
#ルール
#農福連携
#ノウフク
#相互編集
#デカルト
#農福連携入門レシピ
#農福連携技術支援者
#リバースエンジニアリング

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―自治体への農福連携に関する講演-

 

―農福連携に関する映像制作や執筆-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

ノウフク入門
農福連携に関する経営
農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020-21年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」
世田谷区様主催
(2022年)

 

・農福入門講座
電通グループ農福連携コンソーシアム様主催
(2022年)

 

・農福連携人材育成研修会
「農業と福祉をつなぐ人材に期待されること」
鹿児島県様主催(於:奄美市名瀬)
(2022年)

 

・千葉市アドバンス研修農業経営講義
「農福連携と経営」
株式会社マイファーム様主催 (2022年)

 

・農業者向け「障がい者雇用に関する研修会」
埼玉県様主催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)