人材育成

人材育成の目的

一般社団法人ノーマポートの人材育成は、

・まずどのような人材が求められているのか?

の見える化と共有から入ります。これがないと
何のための人材育成かわからなくなってしまう
からです。

人材育成の目的は事業形態によって異なります。
今どのような人材の不足を感じられているのか
まずはそこからお聞かせください。一般的には、

農福連携コーディネーター
農福連携技術支援者(農業版ジョブコーチ)
障害者

に分けられるかとおもいます。まずは農福連携の
スタートアップにおけるロール理解をしていただ
ければ幸いです。

農福連携コーディネーター育成

育成プログラムもくじ:
1、農福連携の展望
2、アブダクション
3、ビジョンの編集
4、候補地リサーチ
5、事務所の合理的配慮
6、農福連携の普及方法
5、人材育成カリキュラム作成
6、農作業アセスメントの共有法
7、地域の農家との連携方法
8、トライアル期間の設け方
9、ユニット編集と移動手段
10、トレーラーハウスと農地法
11、疑似請負防止のためのルール
12、自然農法の長所と注意点
13、ユニバーサル農業への発展
14、リバースエンジニアリング
15、ノーマライゼーションの実現

農福連携コーディネーターの主なロールは、まず
農福連携をよく理解し、地域に持続可能な農福連
携を普及していくことです。そのためには、適切
な地域選びや事務所探し、支援者や障害者の人事、
販路等を地域と連携しながら進めていかなければ
なりません。農福連携技術支援者相当の方々を想
定して、作成されたプログラムです。

農福連携技術支援者の育成

育成プログラムもくじ:
1、農福連携概論
2、社会福祉と障害者福祉
3、障害者雇用と障害福祉サービス事業
4、関係機関の役割
5、障害特性と職業的課題の基礎
6、障害特性に対応した農作業支援技法
7、農業と農村社会
8、農作業の一般的な特徴
9、農業経営の仕組み
10、農作業の流れ
11、農福連携の経営実務
12、作業細分化・難易度評価・作業割当て
13、修了試験

農福連携技術支援者(農業版ジョブコーチ)の主な
ロールは障害者が安全に安心して働けるような現場
の管理
になります。農福連携技術支援者研修は農水
省ならびに各都道府県で開催されており、一般社団
法人ノーマポートは静岡県(2020年度-2022年度)
三重県(2021-2021年度)の講師を担当していま
す。上記研修の受講をご検討ください。

当事者の育成

育成プログラムもくじ:
1、ワケルとワカル
2、ノウフク
3、仕事のルール
4、農業のルール
5、ツールの用意
6、蝶々むすび
7、ジャバラ折り
8、着がえのルール
9、うねの歩行
10、土づくり
11、草とり
12、うね立て
13、苗づくり
14、マルチはり
15、ホウレンソウ

関係者が安全に安心して農作業ができる農福連携を実
現するために、当事者の皆様にも可能な限り、
どのような農作業をしていただくのか?
その仕事にはどんな価値があるのか?
・守るべきルールはどのようなものがあるか?
を感じてもらう機会の提供を目的とした育成プログラ
ムです。もちろん障害特性や障害の重軽によってプロ
グラム内容は編集致します。ご相談ください。

人 材 育 成 像

人口増加を背景とした大量生産が当たり前の時代。

野菜も例外ではなく、ほとんどの野菜がF1種で、
品質が等しく、子孫を残せないものばかりとなり
ました。これはこれで世界の人口を支えるには必
須のことでありますが、自然に近い固定種が少な
過ぎることも、バランスがとれていないのではな
いでしょうか。

昔は固定種が当たり前で、皆個性がある野菜でし
たから均一的な値をつけられず、グラム売りする
のが当たり前でした。

もしかすると人についても同じことが言えるのか
もしれません。一般社団法人ノーマポートでは、
人もまた大量生産されてきたのだろうという視点
で、人材育成を設計しています。つまり、そろそ
ろ私たちは大量生産からともに脱却していくべき
だと考え、固定種のような人材が育つ場づくりを
行っていきたいと考えています。

大量生産でないものを食べ、
大量生産でない本から学び、
大量生産でない人を育てる、

といった世界観のもと、情報を定期的に共有して
おります。


 

関連記事一覧

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―自治体への農福連携に関する講演-

 

―農福連携に関する映像制作や執筆-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

ノウフク入門
農福連携に関する経営
農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020-21年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」
世田谷区様主催
(2022年)

 

・農福入門講座
電通グループ農福連携コンソーシアム様主催
(2022年)

 

・農福連携人材育成研修会
「農業と福祉をつなぐ人材に期待されること」
鹿児島県様主催(於:奄美市名瀬)
(2022年)

 

・千葉市アドバンス研修農業経営講義
「農福連携と経営」
株式会社マイファーム様主催 (2022年)

 

・農業者向け「障がい者雇用に関する研修会」
埼玉県様主催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)