援農型

援農型アセスメント

前回の記事では自前型アセスメント
ついて草しましたが、いかがでしたで
しょうか。今回の記事では援農型にお
ける農作業アセスメントを扱っていき
ます。

自前型であろうが、援農型であろうが
農作業アセスメントに対する基本的な
考え方は同じで、

・障害者の安全と安心に関する項目
・障害者の努力と成長がわかる項目

を両輪とすべきではないでしょうか。
特に前者の「安全」に関する項目は
重要です。実は農業における事故は
建築業界よりも多いことで有名なの
です。そのような分野で持続可能的
に働くためには、やはりチーム全員
で安全に関するルールを共有し、理
解を深め、実践を続けることが大切
になってきます。

 

閑話休題。援農型の農作業アセスメ
ントは自前型と比べて、時間に関す
る項目を増やした方がよい傾向にあ
ります。毎朝、安定して圃場に行け
るというのは、大変な信頼へとつな
がっていきますよね。

援農先の農家からすれば、効率的な
農作業以前に、家族にしっかりと挨
拶してくれさえすればよいとか、毎
回きちんと決められた時間に来てく
れれば助かるといった感情を抱かれ
ているケースも少なくありません。

たしかに農家からの指示を時間内に
ユニットが終わらしていくことは肝
要ですけれども、それ以上に農業に
対する真摯な姿勢を日々積み重ねて
いくことの方がはるかに持続可能的
なのです。

 

そのような日々につながるような項
目を援農型の農作業アセスメントに
は是非、多めに入れてみてください。

 

ではまた。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―自治体への農福連携に関する講演-

 

―農福連携に関する映像制作や執筆-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

ノウフク入門
農福連携に関する経営
農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020-22年)
三重県様主催(2021-22年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催

 

・千葉市アドバンス研修農業経営講義
「農福連携と経営」
株式会社マイファーム様主催

 

・農業者向け「障がい者雇用に関する研修会」
埼玉県様主催

 

・農福連携人材育成研修会
「農業と福祉をつなぐ人材に期待されること」
鹿児島県様主催 於)奄美市名瀬

 

・「農福連携視点の事業戦略」
株式会社パソナ農援隊様主催
於)沖縄県総合福祉センター

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)