自前型

自前型アセスメント

農作業において何ができて、そして
何ができないかを評価することを農
作業アセスメントと言います。

福祉ではアセンスメントが一般的で
すので、それが農業版になったと考
えてもよいでしょう。アセスメント
は工賃を設定する際の根拠となるだ
けでなく、障害者がどれほど成長し
ているのかを測るものさしとしても
有効です。

 

特に自前型では、毎年行う農作業を
アセスメントの対象とすることで、
障害者の成長がわかりやすくなりま
す。例えば、マルチ張りでアセスメ
ントをする場合、

・弾性ポールを適切に設置できるか
・マルチングシートを固定できるか

あたりは一般的に評価項目に入りま
すが、では具体的に上の作業のどこ
を見るのかは、きちんと支援者同士
で細分化していかなければなりませ
ん。

弾性ポールの場合でしたら、適切に
土に刺せているのか、均等に置けて
いるのか、あるいは似た曲がり具合
で設置できているか等、さらに細か
い項目を作っておいた方がよいです。

なぜなら、マルチ張りにおいては具
体的にどの作業が課題となっている
からできないのかがわかるからです。
作業細分化して、どの工程がネック
かを浮き彫りにしていきましょう。

 

あとは評価方法もできる・できない
で白黒つけるのではなく、5段階程
度にしておいて、例えば除草でした
ら、

・草を手でぬける
・根ごと草を手でぬける
・道具を使った除草ができる
・農作物を傷つけない除草ができる
・草刈り機等を安全に使用できる

とツールを軸とした評価基準を難易
度順に設けてもよいです。しかし、
次のような評価基準を一緒にしてし
まいますと、

・台車での運搬ができる
・座りながら除草ができる
・30分間、集中して除草ができる

軸をツールにしたいのか、運動にし
たいのか、はたまた集中力にしたい
のかがわからなくなってしまいます
よね。

 

そもそも何を測りたかったのか?

 

軸をぶらさないようにしましょう。
障害特性に合った評価基準を軸とし
て、障害者の働きがいにつながる農
作業アセスメントができるとよいで
すね。

 

ではまた。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―農福連携推進人材育成や教材制作-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

 

―自治体への農福連携に関する講演-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020年・2021年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」講師
世田谷区様主催
電通グループ農福連携コンソーシアム様共催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)