人材育成

作業細分化のロール

ワケルことはワカルこと。

『方法序説』にもあるように、人は
わかりやすくするために、物事を分
けてきました。当たり前の話ですが、
二次元の面に一次元の線を一本引く
と、その面をふたつに分けることが
できます。頭の片隅で構いませんの
で、ぜひ覚えておいてください。

 

さて、農福連携現場での基本は、

・農業をわかりやすいように分ける

ということにつきます。そもそも農
福連携自体が農業を、
・農家しかできない作業
・農家以外でもできる作業
に分け、後者の方を障害者にやって
いただくといった考えから生まれた
ものでしたね。

そして、同様な方法は農福連携の作
業でもとられることとなります。農
福連携技術支援者研修でもお馴染み
ですけれども、

障害者にとってわかりやすく分ける

といった技術が求められます。例え
ば農家から除草の指示があった場合、
障害者にそのまま伝えても、農作物
を誤ってぬいてしまったりするリス
クがあるわけです。

そこで支援者が除草という農作業を
1、除草してよい草か判断する
2、除草した草を置く
3、置かれた草を捨てる
という風に作業を障害者にわかりや
すく分けていくわけです。

この作業細分化は農家のルールや障
害特性によって、あるべき分け方が
当然異なってきますので、ここが支
援者の工夫が問われることになって
いきます。

 

ただもっともらしく農作業を分けた
ところで何の意味がありません。誰
のために細分化し、どのような結果
を出したいのか?を常に自問できる
ようにしておきましょう。

 

あなたにとっての作業細分化のロー
ル(役割)とは何ですか?

 

ではまた。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―自治体への農福連携に関する講演-

 

―農福連携に関する映像制作や執筆-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

ノウフク入門
農福連携に関する経営
農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020-21年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」
世田谷区様主催
(2022年)

 

・農福入門講座
電通グループ農福連携コンソーシアム様主催
(2022年)

 

・農福連携人材育成研修会
「農業と福祉をつなぐ人材に期待されること」
鹿児島県様主催(於:奄美市名瀬)
(2022年)

 

・千葉市アドバンス研修農業経営講義
「農福連携と経営」
株式会社マイファーム様主催 (2022年)

 

・農業者向け「障がい者雇用に関する研修会」
埼玉県様主催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)