人材育成

目を合わせるのが苦手な方へ

相手の目を見て話しなさい。

戦後教育の弊害は多々ありますけれど、
この目を合わせる強要ほど、西欧化が
激しい教えは珍しいです。しかも教員
がその弊害をほとんど理解していませ
ん。

古来、日本人は目の生々しさを厭がっ
てきた民族でした。したがって茶道で
もそうですが、面と面をあわせて座る
ということは基本的に避けられてきた
のです。オンラインで顔を見ての面接
をする今とは対照的ですね。

一般社団法人ノーマポートではよく利
き目の話をしておりますけれども、あ
れを極めたところで、西欧的な成長が
できるに過ぎません。もっと端的に申
しあげれば、野生では目と目があった
瞬間に、捕食者と餌の関係が決まりま
すので、無意識に目を合わせて相手よ
りも優位に立ってやろうとする勝ち組
志向の人間が育つだけです。

本来の人としてのつきあいは、争いで
はなく、互いに「なじむ」ことにあり
ます。

握手は西欧的ですが、なじみますよね。

ずっと握手をして手をふってごらんな
さい。そのうち相手の腕が自分の腕の
ように、自分の腕が相手の腕のように
感じてきます。これが日本人が大事に
してきた「なじみ」です。

花となじむなら、花もわが身もともに
はかなしという境地が味わえますし、
野菜となじむなら、やはり日頃の農業
に対する姿勢に慈しみがでてきます。

もちろん、目と目をあわせずに握手を
なされた方が、人は互いになじんでい
くものなのですよ。

目をあわせるのが苦手な方々の目を見
て、目の合わせを無言で強要する野暮
さがわかりましたか。

人はなじんでいるほど静かなのです。

ではまた。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―農福連携推進人材育成や教材制作-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

 

―自治体への農福連携に関する講演-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020年・2021年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」講師
世田谷区様主催
電通グループ農福連携コンソーシアム様共催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)