援農型

ひなりモデル

特例子会社参入型の農福連携が注目を
浴びるきっかけになったひとつに、
なりモデルという名が浜松から発信さ
れたことが挙げられます。

実は一般社団法人ノーマポートの創設
者である高草志郎が株式会社ひなり時
代(現在はCTCひなり株式会社)に代
表をしていた時期に、ひなりモデルと
呼ばれるようになりました。

今朝はそのひなりモデルの話です。

 

ひなりモデルは援農型の農福連携に分
類されましたね。

特徴としましては、写真のように支援
者1名と障害者数名
でユニットを組み、
地域の農家へ自動
車で伺うといった点
にあります。

したがって、地域の農家との信頼関係
が事業の持続可能性に直結します。実
は高草志郎が代表に就任したときは、
地域の農家との信頼関係が崩れてしま
っていた時期であったと聞いています。

そこから地道に信頼関係の回復に努め、
京丸園株式会社との出会いも経て、軌
道に乗ってまいりました。

ところでモデルとついている以上、マ
ネすることが可能です。マネの仕方は
講演会等で話していますけれども、ひ
なりモデルはその後、パーソルサンク
ス株式会社のよこすか・みうら岬工房
の農福連携にも写されていきます。浜
松から横須賀への写しですね。

また高草志郎の急逝に伴い、事業を私
が急に引き継ぐことになりましたが、
ひなりモデルという型を残してくれて
いたからこそ、父の農福連携に対する
姿勢がそこはかとなく復元できました。

もちろん細部は異なりますし、地域の
特性や受け継いだ者の工夫も加わりま
すので、モデルは写されては、少しズ
レていく
といった風に変わっていきま
す。地域から地域へ、親から子へ、何
か言葉にならないものが進化を続けて、
モデルのあとには脈々と道ができてい
くものなのかもしれませんね。

 

さて、このモデルは物語が生まれやす
い仕組みになっています。なぜなら、
人の目は構造上、前後の距離感を把握
しやすいようにできていますので、
コとアソコの区別に敏感だからです。
この分け方が物語の原型となっている。

太古でしたら村(ココ)から山(アソ
コ)へと行き、再び村へともどってき
た者が英雄でしたし、キリストもこの
世からあの世へと十字架を背負って逝
かれ、再びこの世へと復活されました
ね。

ひなりモデルの農福連携も同様に日々、
障害者がこちらの事務所からあちらの
圃場へと働きにいき、またこちらの事
務所にもどっておいでです。上のモデ
ルと似ているのがわかりますか?

農福連携をブランディングする上でひ
とつのヒントとされてください。

 

ではまた。

 

▶推薦図書
『神話の力』
ジョーゼフ・キャンベル
ビル・モイヤーズ

#物語
#京丸園
#高草志郎
#農福連携
#ノウフク
#神話の力
#ひなりモデル
#ブランディング

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―農福連携推進人材育成や教材制作-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

 

―自治体への農福連携に関する講演-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020年・2021年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」講師
世田谷区様主催
電通グループ農福連携コンソーシアム様共催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)