自前型

休日の圃場管理

農業に土日祝日は関係ありません。

 

援農型の農福連携でしたら、休日の
圃場管理は基本的に農家の方がされ
ますが、自前型の農福連携の場合は
当然、自分たちで休日も農作物の発
育を見守っていく必要があります。

しかし、支援者も障害者も基本的に
は土日休みのところが多くございま
すから、スポット的に休日出勤で対
応できたとしても、根本的な対策に
ならないのが実情です。

そこで休日における圃場管理のロー
ルをどなたが担うのかは、あらかじ
め考えておきましょう。

 

休日も含めたローテションにしてい
くのもOKですし、農業指導士にコ
ンサルティングを依頼している場合
は休日の圃場管理も視野に入れて契
約することも少なくありません。

逆に、市民農園等の場合は平日の圃
場管理が課題という週末農家の方も
少なからずおいでになりますので、
農福連携とのマッチングがよい可能
性も高い傾向にあります。

 

課題を機会ととらえることで、未来
がより豊かになることもございます。

 

ダイバーシティーインクルージョン
の時代です。自前型の農福連携をさ
れるならば、より多様な方々が関わ
る農業に関わっていただきたいです
ね。

 

ではまた。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―農福連携推進人材育成や教材制作-

 

農福連携特例子会社連絡会事務局-

 

―自治体への農福連携に関する講演-

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

訪問型職業適応援助者第KH212-1031号

 

 

【所属】

 

 

ノウトク(事務局長)

 

日本農福連携協会(人材育成委員会)

 

わかくさ福祉会(障害者雇用支援員)

 

 

 

表千家

 

ISIS編集学校(十離)

 

読書普及協会(理事長)

 

米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績:

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020年・2021年)
三重県様主催(2021年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力(2021年)

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催
(2020年・2021年)

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催(2021年)

 

・農業関係の会計士対象オンラインセミナー
全国農業経営専門会計人協会様主催
パソナ農援隊様主催(2021年)

 

・駿東田方圏域就労推進会議
社会福祉法人あしたか太陽の丘様主催
(2021年)

 

・「農業体験をしよう」講師
世田谷区様主催
電通グループ農福連携コンソーシアム様共催(2022年)

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)