もぐもぐタイム

援農型の農福連携では農家と一緒
にもぐもぐタイム、すなわち休憩
時間が設けられるのも珍しくあり
ません。畑で仕事のあいまにとる
休憩は格別ですよね。

農福連携に理解のある農家ですと、
障害者とも積極的にコミュニケー
ションをとろうと、果物やお菓子
まで用意してくださったりするこ
とがあります。

 

支援者もホッとひと息といったと
ころでしょうか。

 

ところが、そうはならないのが農
福連携の醍醐味です。障害特性に
よっては農作業の時間よりも休憩
時間の方が苦手という方が少なく
ないからです。

おやつを出してくださったら、自
然と皆が集まって話しますけれど
も、その集まりに参加しつつも、
支援者は全体に気を配っておかな
ければなりません。

事務所に帰るまでが援農型の農福
連携といったところでしょうか。

休憩時間こそ工夫が必要なのです。

ではまた。

MISSION

農福連携における

 

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

―自治体への農福連携に関する講演-

 

―企業参入型農福連携の普及と促進-

 

農福連携特例子会社連絡会の運営-

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

法 人 実 績

【講演・セミナー】

 

テーマ:

 

ノウフク入門
農福連携に関する経営
農福連携技術支援者研修
農福連携の動向・成功事例
農福連携コーディネーター育成講座 等

 

実績

 

・農福連携技術支援者研修講師
静岡県様主催(2020-22年)
三重県様主催(2021-22年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催

 

・千葉市アドバンス研修農業経営講義
「農福連携と経営」
株式会社マイファーム様主催

 

・農業者向け「障がい者雇用に関する研修会」
埼玉県様主催

 

・農福連携人材育成研修会
「農業と福祉をつなぐ人材に期待されること」
鹿児島県様主催 於)奄美市名瀬

 

・「農福連携視点の事業戦略」
株式会社パソナ農援隊様主催
於)沖縄県総合福祉センター

 

他多数

 

【主なコンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-現在)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)

 

【メディア】

 

・2022年12月 日本経済新聞毎日新聞 等

 

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号