企業

農園型障害者雇用のリスク

  • 閲覧数:2264

ー 記事の対象 ー

援農型ノウフクをご検討中の方
農園型障害者雇用をご検討中の方

「派遣」という言葉のリスク

援農型の農福連携の場合、「派遣」という言葉は注意して用いる必要があります。知らず知らずのうちに偽装請負と判断されることがありますので、学んでいきましょう。

【参考】
労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準

ひなりモデルもそうでしたが、援農型の農福連携において作業請負契約が結ばれることは少なくありません。では、この作業請負とは何かというと、

・雇用契約+指揮命令

を請負会社が担っていることを意味します。つまり、障害者と雇用契約している請負会社の社員が援農先の現場でも障害者に対して、指揮命令をしていかなければならないということです。援農先の農家が直接、障害者に農作業指示を与えることは疑似請負になってしまうのです。

契約による明確化

ここでも農福連携技術支援者(農業版ジョブコーチ)の大切さがわかりますね。

すでに援農先の農家と障害者の信頼関係ができている場合、かえって上のような違法行為になりやすいので注意なさってください。つい農家が障害者に直接指示を与えがちですし、支援者もそれを黙認してしまう可能性があります。あくまでも農家は支援者に農作業指示を与え、支援者がそれを作業細分化・難易度評価・作業割当てを経て、障害者に仕事を伝えていくようにしていきましょう。

たとえ農家が技術支援者の資格をとった場合でも同様で、農家側の技術や合理的配慮が足りていないという意味ではなく、あくまでも契約上、障害者がどこと雇用契約を交わしており、どこの指揮系統下にあるかというお話です。

農園型障害者雇用

農福連携特例子会社連絡会(ノウトク)代表の高草は農園型障害者雇用問題研究会に有識者として参加しています(2023年度時点)。いわゆる農園型障害者雇用とは企業における効率的な障害者雇用率の達成のみを目的としたビジネスモデルの側面があり、中には本来の障害者雇用からかなり逸れてしまったように見受けられる事例も散見できます。

このような現状に対し、厚生労働省は下記のように障害者雇用対策基本方針を改正致しました(画像は厚生労働省HPより引用)。

このような流れの中で、より障害者雇用の「質」が重視される傾向に今後ともなっていきそうです。一時期、農園型障害者雇用モデルの普及が激しく、

農福連携=農園型障害者雇用

というイメージが先行した側面もございますが、このモデルも一般社団法人ノーマポートは疑似的なものに陥りやすいと捉えております。どのような大義があって、農福連携をなさるのか、初心を忘れないでくださいましたら幸いです。

▷推薦図書

経 営 理 念

ノーマライゼーションの実現

事 業 内 容

農福連携特例子会社連絡会の運営-

 

-農福連携に関する執筆・教材制作-

 

―農福連携技術支援者の育成・普及-

 

代 表 理 事

高草雄士 | TAKAKUSA Kazuto

 

所 属 団 体

農福連携特例子会社連絡会(会長)

 

・一般社団法人 日本農福連携協会

 

・農園型障害者雇用問題研究会

 

・NPO法人 わかくさ福祉会

 

浜松市ユニバーサル農業研究会

 

 

・表千家(講師)

 

・NPO法人 読書普及協会(理事長)

 

・米国プロテニス協会(公認コーチ)

法 人 実 績

【講演・講義】

 

テーマ:

 

当事者の能力開発事例
農福連携技術支援者育成研修
企業参入型ノウフクの動向・成功事例 等

 

実績

 

農福連携技術支援者育成研修講師
静岡県様主催(2020-23年)
三重県様主催(2021-23年)
北海道様主催(2023年)

 

・農福連携ブランドづくりセミナー
株式会社マガジンハウス様主催
農林水産省様協力

 

・農福連携コーディネーター養成講座
JA湘南様TAC担当職員向けセミナー
湘南NPOサポートセンター様主催

 

JAしみず様対象 農福連携サポーター研修
静岡県様主催

 

・千葉市アドバンス研修農業経営講義
「農福連携と経営」
株式会社マイファーム様主催

 

・農業者向け「障がい者雇用に関する研修会」
埼玉県様主催

 

・農福連携人材育成研修会
「農業と福祉をつなぐ人材に期待されること」
鹿児島県様主催 於)奄美市名瀬

 

・「農福連携視点の事業戦略」
株式会社パソナ農援隊様主催
於)沖縄県総合福祉センター

 

・専門選択科目「農業と福祉」
三重県農業大学校

 

他多数

 

【コンサルティング】

 

パーソルサンクス株式会社
(2019年度-2022年度)

 

株式会社電通そらり
(2019年度・2020年度)

 

株式会社農協観光様(2020年度)

 

電通グループ農福連携コンソーシアム様
(2021年度-現在)

 

パーソルダイバース株式会社様 等
(2023年度-現在)

 

【茶会】

 

世田谷区農福連携事業
於)世田谷区粕谷圃場(野点て)

 

コクヨ株式会社
社内研修

 

【メディア掲載】

 

・2018年1月 Khmer Times

 

・2019年1月 はままつのユニバーサル農業

 

・2022年7月 Yahoo News・南海日日新聞

 

・2022年12月 日本経済新聞毎日新聞

 

・2023年7月 北海道新聞・日本農業新聞

 

・2023年12月 文藝春秋

一般社団法人ノーマポートは神奈川県SDGsパートナーとして、持続可能な農福連携の実現に向け、障害者が安心して安全に働ける仕組みづくりをしています。

 

「農福検定」商標登録機関第6445397号